English Golden Retriever

 

 

私が初めて本物の英国ゴールデンに出会ったのは1995年イギリス、ロンドンにて…

カムデンタウンの帰りのバス

白い大きなゴールデンとテリアをつれた小さな女の子がリージェンツパークから乗り込んで来た。

そのゴールデンは、日本でよく目にする細く長い

スラリとしたゴールデンとは全く異なる容姿をしていて、

骨量豊かでゴージャスな美しいformは、優雅で気品にあふれ

その素晴らしさに私は見惚れていました。
 
以来本物だけを追い求めイギリス血統に拘り

本物志向のファンシャーの方にご満足頂ける

イギリス名門優良血統のみをベースにブリーディングしています。

       

Show tyep

~日本でよく言われる Show type/Field typeについて~

 

Field typeは活発な気質で、

見た目の美しさよりも狩猟能力を重視する為、

小さく細い犬を好み繁殖をされてきました・・・

 

Show typeは本来 犬の持つ狩猟能力を失い

見た目の美しさと穏やかな性質を重視し

家庭犬向きに繁殖されてきました・・・

 

と 定義されていますが・・・

 

 

~本来 Show typeと言うのは~

 

各犬種の作業能力に最も適した骨格構成・被毛・各部位の形状・気質等の

全てを後世に残すためにスタンダードの基準を定め

それに基づき繁殖されたものをShow typeと言います。

 

ショータイプ=スタンダードの基準に当てはまる容姿と性質

 

ペットタイプ=スタンダードから外れた規格外の容姿と性質 

 

イギリス  Breed Standards

本来…犬種のスタンダードは、繁殖者であるブリーダーがしっかり勉強し、スタンダードに基づいて素晴らしい犬をbreedすれば良くて、一般の愛犬家はブリードやスタンダードを知る必要もないのですが・・・

 

現在…日本国の繁殖事情は、英国ゴールデンの人気に伴い、スタンダードもブリードも何も関係なく繁殖されたゴールデンが増え続けています。

 

本当に良い犬が欲しいとお考えの方は、ブリーダーもどきの素人繁殖者に騙されないよう、ご自身がスタンダードを認識しておく必要が有るでしょう!



お顔・体・性質全てスタンダードにより基準が定められています

 目と目の間隔は広くい茶褐色の丸い目・スカルは広く・適度なストップ・マズルは広く深くスカルと、ほぼ等しい長さ

耳は目と同じ高さで、やや後ろに位置しよく垂れさがっている・

なだらかで強固な頸、水平で弛みの無い背線・

ショートカプルドで詰まった短い胴・長過ぎない太い足

フリースタックで水平保持が出来先まで真っ直ぐな尻尾…等々

RIKA'S GOLDENは…本国イギリスのスタンダードの基準に

基づいた素晴らしい骨格構成と美しい容姿を兼ね揃え

ゴールデンレトリバーの能力を持ちあわす

本来のShow typeと言えるゴールデンレトリバーです!

 

※スタンダードの容姿を持つ犬は、性質もスタンダードの性質を持ちますが、スタンダードから外れた容姿

(規格外)のペットタイプの犬は、性質もスタンダードから外れてるケースが多くみられます。

 

 

 

 

 

実際に・・・

あなたの目で

見比べてください!

 

  

 

 

 

よく頂くご質問について。。。

英国ゴールデン=イングリッシュゴールデンと、ヨーロピアンゴールデンの違い

 

そもそもゴールデンレトリバーと言う犬種は、

原産国イギリスのゴールデンレトリバーを指しますが、

その昔…イギリスのゴールデンレトリバーが、

アメリカ・スカンジナビア・オーストラリア・スウェーデン他、

全ヨーロッパに渡った後、其々の国の繁殖により色々なタイプの

ゴールデンに変化していきました。

現在では色んな国の色んなタイプのゴールデンレトリバーが

日本に入って居ますが…

日本では、アメリカ・タイプのゴールデンレトリバーが

最初にメジャーになりゴールデンレトリバーと言う認識で

広まったので、本来のゴールデンレトリバーである

原産国イギリス血統のゴールデンレトリバーをあえて

イングリッシュゴールデン・英国ゴールデンレトリバーと定義し

アメリカン・スウェーデン・オーストラリア等、他国ヨーロッパのゴールデン本場イギリス血統のゴールデン区別化するようになりました。

 

 

RIKA'S GOLDENの血統

 

当犬舎の繁殖犬は、本国イギリスTHE GOLDEN RETRIEVER CLUBの歴史を彩る

名犬たちの優良血統だけで構成された不動のイギリス・ラインです

 

 英国ゴールデンと表記されていても 殆どが他国ヨーロッパの血統です.

 イギリス血統のゴールデンは入手が困難で、この名血ラインは希少で別格です。

 

   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1800年代イギリス諸島スコットランドの領主である

ツィードマウス卿宅でゴールデンは生まれました。

 

 

英国ゴールデンの被毛カラー

 

原産国イギリスには、CreamからGoldenまでカラーバリエーションが有り、

白い被毛Creamは、古くから愛され続け

イギリスのBreeder members yearbookの大半を飾る人気の高さです。

 

Albinoでは有りませんので、被毛の色と鼻の色を表す色素とは関係ありません。

 

白く美しい被毛に色素の濃い真っ黒な鼻鏡は、RIKA'S GOLDENの特徴で

特に被毛の白さや、真っ黒なお鼻に拘られるお客様にもご満足頂いてます。

 

※ 純白・マホガニー色の被毛は、スタンダードから外れます。

  鼻の色が茶色やピンクの色素の薄い犬も好ましく有りません。

 

 

 

 

犬の遺伝性疾患

 

犬の遺伝性疾患は、軽度のものから命に関わる重大なものまで 約500種類 有ります。

うちゴールデンレトリバーに当てはまる遺伝性疾患が 何百種 該当するか見当も付きませんが…

最も遺伝率が高いのは目の病気とされています。

PRA(進行性網膜萎縮症)クリアー!と掲げ遺伝性疾患は全てクリアーと謳う繁殖者が居ますが

犬の目の遺伝性疾患は十数種類有り、PRA(進行性網膜萎縮症)がクリアーだからと言って

遺伝性疾患は全てクリアーでは有りません!

 

一般愛犬家や素人繁殖者,誰でも知っている、股関節形成不全(HD)。

この病気についてはOFA等の検査機関で評価された親犬の股関節レベルを

ホームページ上に表記されてるところも有り、犬舎選びの一つの目安になります。
※但し悪い結果は隠し,良い結果だけを公表し、遺伝性疾患全てクリアーだと謳う

 繁殖者が居ますので注意が必要です。

 

股関節形成不全は、先天性と後天性が有ります。

 

☆ 先天性は、両親犬は勿論6代祖(百数十頭)の遺伝が大きく影響します。

  両親犬の血統百数十頭全ての股関節が、如何に正常で有るかが問われます。

  遺伝性の疾患は血統のキャリアが重要で両親犬が健全だからといって仔犬が健全とは限りません。

 

 

☆ 後天性は、成長期の飼育環境が影響します。

 正常な股関節でも成長期の運動や飼育環境によって股関節形成不全になってしまいます。

 

 

※股関節(HD)は、OFA等の評価が、AでもBでもCでも、老後、一生涯において日常生活には、

   何ら変わりありませんが、犬は体重の7割を前駆前足にかけるため、前足の関節不全(ED)は致命傷です。

 

※犬の遺伝性疾患は約500種類有ります!

 股関節形成不全だけで無く、他の病気、犬の資質等も含め全てが健全でなくては意味が有りません!

 

生き物ですので、100パーセント完璧なものは存在致しませんが、

RIKACHAN HOUSEは、PRA・HDだけに拘らず、
全てが健全で健康な犬を繁殖することを、当然の事と考えています!

 

 

   

 英国ゴールデンの資質・訓練・ドッグショー

 

 

イギリス(KC)は、アメリカ(AKC)同様に、日本(JKC)が加入するFCI国際畜犬連盟には加入していません!

 

※RIKACHAN HOUSE では、ドッグショー等の参加を強要することは一切有りませんので、ご安心ください。

 

全てに伝統を重んじる英国では、(KC)もその例外ではなく

歴史と伝統に裏打ちされた独自の世界観によって生み出される

イギリス血統のゴールデンは高貴な風格と気品に満ちあふれ、

繊細で頑固なその姿は、まさにtraditionalというほかありません。

 

ドッグショーにおいてもイギリス独自の基準が有り、日本のJKC主催のドックショーやFⅭIとは異なります。

 

当犬舎では、原産国のスタンダードを重視し重んじる警察犬教会(PD)の審査会にて、

スタンダードに基づいたブリードがきちんと出来ているか、定期的に審査に出しています。

 

訓練性能は非常に高く常に冷静沈着で優しく温和な性格で警察犬、レスキュー犬、セラピー犬等様々な分野で活躍しています。

 

RIKACHAN HOUSEの拘りの一つでもある犬の資質・・・

この原産国イギリス血統は、当然本来のゴールデンレトリバーの資質であり

人間が大好きで、小動物にも優しく、健気なほどに我慢強く、飼い主に従順で、

トイレの癖が良く、マーキングをして回るようなアルファーな子は少ない!

とにかく穏やかな性格なので、小さい子供からご年配の方でも扱いやすい性質です。

 

他国のゴールデンレトリバーによくみられるハイテンション・凶暴性はこのイギリス血統には無縁と言っても過言では無いでしょう!

RIKACHAN HOUSEが定義する個体のクオリティーとは…

 

ゴールデンの原産国イギリス・KCに基づくスタンダード・

美しい容姿・骨格構成・資質・健康面等全てを総合的に見るもので

一部だけが突出して優れていてもしかたが有りません!

 

 

特に後々症状が現れる外見からは判り難い健康面・遺伝的疾患等は、

何十年もかけて血統を追い続けた経験と実績!

 

 

 

英国ゴールデンと一口に言っも・・・血統・国が違えば全く違います!

 

 

RIKA'S GOLDEN は、英国ゴールデン通なら誰もが知る

本場イギリスの名血優良血統だけでLINEbreedしたハイクオリティなゴールデンレトリバーです。

 

英国ゴールデン通なら誰が見ても一目でRIKA'S GOLDENだと判る独特な風格と可愛い顔立ちが特徴です!

 

英国ゴールデンマニアのファンシャー・一流を好む本物志向のお客様の為だけにbreedしています。

ブリーディング

ブリーディングとは、その犬種に惚れ込んで・云々…と言われる繁殖者が多いと思いますが…

 

イギリスの名血優良血統は別格です。

 

同じイギリスのゴールデンでも血統が違えば、容姿も性質も異なります。

国が違えば、どれだけ異なるかは、言うまでも有りません。

 

RIKACHAN HOUSEがイギリス血統の名血優良血統のラインに拘る理由は…

 

私はゴールデンレトリバーと言う犬種に惚れ込んでいると言うよりも、

このイギリスの名血ラインで構成された健康で資質の良い、血統に惚れ込んでいるのです。

 

日本で暮らす者には、海外の遺伝性疾患などの情報が乏しく輸入犬には、リスクが付きものですが、

熟知する血統だからこそ安心してブリーディングができ、アウトブリードにおいても

名血ラインから外れない理想で安全な血液配合こそRIKACHAN HOUSEが目指すラインブリードです。

 

RIKACHAN HOUSEでは、

イギリス血統なら何でもござれでは無く。。。

イギリスの名血優良血統ラインで構成された健康で資質の良い犬達だけに拘り、

最も理想とされる血液配合によるlinebreedを心がけています。

 

※ 他国血統のゴールデンのミックス繁殖・チャンポン繁殖は一切行なっていません。

 

※アウトブリードでは良い仔犬が生まれない!と定義されていますが…100%そうとも限りません。

しかし血液を離せば離すだけ良いと言うものでは決して有りません!
純血種より雑種の方が頭が良い!体が強い!なんて噂は、メンデルの法則を誤用した流言にすぎません。

 

 

 

RIKACHAN HOUSEでは、3歳から6歳までの繁殖に一番適した年齢の女の子に赤ちゃんを産んでもらいます。

 

そのため常時数十頭の繁殖犬を飼育しており、一生涯で多くても3回まで、タイミングを逃せば一度も出産することなく引退する犬も沢山います!

 

RIKACHAN HOUSEの子犬は、毎回選び抜かれた種雄と台雌でブリードされた貴重な子犬です。

 

数頭の家庭犬で2歳にも満たない若犬から8歳9歳の老犬まで、ヒートが来る度、産めよ増やせよで繁殖された子犬とは当然クオリティが違います。

 

 

血統やブリード…ややこしい事はサッパリ解らん!っと仰る方…是非!RIKA'S GOLDENに会いに来てください。
とにかく可愛いお顔と・小熊のような可愛い形を実際にご覧頂き、天真爛漫な優しい性質に触れると、
RIKA'S GOLDEN
の魅力を実感して頂けると思います(^_^)v

 

間違った認識

英国ゴールデンレトリバーと謳っていても・・・チャンピオン云々と謳っていても・・・

体高が高く大きな体に小さい顔の馬のような犬、線の細い小さい犬や、アルパカのように首が立ち上がった犬、足が細長くボルゾイのような犬や、胴の長い犬、アップルヘッドとは程遠い狭い頭部、ストップが浅くマズルが細いダックスのようなお顔、 尾先が曲がった鍵尻尾まで・・・

英国ゴールデンの人気に伴い、フランス・オランダ・スウェーデン・イタリア・オーストラリア他ヨーロッパの様々な国のゴールデンが現在日本に輸入され血統もラインも関係なく他国ゴールデンのミックス繁殖・チャンポン繁殖が行われているのが現状で、本来のgoldenretrieverの素晴らしい容姿とはかけ離れた犬が多くそれらを見慣れてるため、それらが美しく正しい容姿と誤解されてる方が近年多くみられます。

 

特に近年増え続けている、ハイテンション・凶暴な噛み犬が多い一部のヨーロピアン血統は愛犬家達の中で問題視されています。

 

 

良い犬を迎えるには…良い犬を知ることです!

London & Cotswolds ゴールデンレトリバークラブ100周年

2013年!本国イギリスで行われたゴールデンレトリバークラブ100周年記念ドッグショーにて・・・

世界各国から集まった750頭を超えるゴールデンレトリバーの頂点に輝いた犬です!

骨太で大きく立派な体と白く輝く美しい被毛に真黒なお鼻!子熊のような丸く大きなお顔!

 

             

                          RIKACHANHOUSE

  

 

英国ゴールデンレトリバー  ブリーダー RIKACHAN HOUSE

     ブログ

     Facebook